『ブラック電通』過去にも過労労自殺や病死!始発電車で出社、深夜2時帰宅

印刷

   「泣く子も黙る」といわれる大手広告代理店の電通にきのう7日(2016年11月)、強制捜査が入った。違法な長時間労働が日常化していたと見られている。去年12月(2015年)に女子寮から飛び降り自殺した高橋まつりさん(当時24歳)はツイッターに「1日20時間とか会社にいると、もはや何のために生きてるのか分からなくなって笑けてくる」と書き込み、遺族らによると時間外労働は1か月に約105時間、厚生労働省の「過労死ライン」の80時間を超えていた。

   1991年には入社2年目の男性社員が過労で自殺、2013年にも男性社員(当時30)が過労が原因で病死し、労災と認められた。

ウソ報告で超過勤務ごまかし

   元社員が勤務実態について語る。「ピークのときは、朝5時半から始発で会社に到着し、メールや新聞に広告が載っているかどうかチェックしていると、気が付いたらお昼も過ぎている。いろいろな打ち合わせに参加して、うちに帰るのは夜1~2時ぐらいでしたね」

tv_20161108114645.jpg

   実際の労働時間だと超過勤務になるので、休憩時間を多くするなどウソの報告をしていたという。

湯山玲子(著述家)「日本人の職業観と美徳にかかわる問題だという気がします。これを変えていかないと、美徳をとるか、過労死をとるか、そんな話になりますね」

上層部の責任追及

司会の加藤浩次「昔、24時間働けますかというCMがありましたよね。まだ、働いている方がカッコいいという意識が残っているのかな。上層部の意識改革こそバシッとやるべきでしょうね」

   厚労省は電通や人事担当者らを労働基準法違反の疑いで書類送検する方針だ。菊地幸夫弁護士によると、有罪だった場合、会社に対して30万円以下の罰金、個人に対しては6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金という。厚労省もバシッとしないと。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中