浴槽に女性作業療養士遺体!数日前に言い争う声や壁にぶつかる大きな物音

印刷

   6日(2016年11月)、札幌市西区で作業療法士の木村安由光(あゆみ)さん(23)が自宅アパートの浴槽で死亡していた。目立った外傷はなく、首を絞められ窒息死しており、死後2、3日と見られる。

   木村さんは札幌市内の病院に勤務していたが、無断欠勤したため同僚が訪れ、殺されているのを発見した。札幌テレビの中内佑記者は「消防などによりますと、木村さんは浴槽内に横向きにされていて、水に沈んだ状態だったと言います」とリポートする。

玄関の錠なし

   岩本乃蒼アナ「木村さんは1人暮らしですが、近所の人たちは最近ある異変に気づいていたと話しています

   男性の1人は「3、4日くらい前に人が転んで壁にぶつかったのか、倒れ込んだのか、大きな音が2~3回ありました」という。また、3日には男女が争う声を聞いたという人もいる。

   発見時に玄関の錠はかかっておらず、部屋は雑然としていて、何者かに荒らされたかどうかは不明だ。残された写真にはVサインをする笑顔があった。警察は殺人事件として調べている。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中