<家政夫のミタゾノ>(テレビ朝日系)
家族のドロドロもきれいにします!女装家政夫・松岡昌宏パロディーのパロディーひねりもあって楽しい

印刷

   タイトルからもうふざけている。日本テレビ系の人気ドラマ「家政婦のミタ」のパロディというわけだが、その「家政婦のミタ」ももともとはテレビ朝日系の「家政婦は見た!」をオマージュしたものだとすれば、1周回って元に戻ってきたということになる。

   ストーリーは単純明快である。「むすび家政婦紹介所」の家政婦・三田園薫(松岡昌宏)は女装をした『家政夫』で、料理、洗濯、掃除とあらゆる家事をプロフェッショナルとしてこなしながら、その家庭の裏にはびこる「根深い汚れ」を暴く。

タイムリーな話題組み込む脚本のうまさ

   11月4日放送の第3話の舞台はとくやまグループ社長宅だ。夏木マリ演じる「家政婦総取締役」春日井福子は先代社長の時代から徳山家に仕え、現社長の徳山康介を生まれた時から世話をしていて、「かーさん」と慕われ、家の中のことはもとより、会社の経営に関する決定事項にまで口を出す絶対的権力を持つ。そこに三田園が派遣され、福子と三田園のバトルが繰り広げられるというものだ。

   とくやまグループは徳川幕府、徳山康介は徳川家光、春日井福子は春日局(お福)を想起させる。本家「家政婦は見た!」も華麗なるデザイナー一族や名門茶道家元相続争いなど、実際に起こった事件を模したような作品が多く見ごたえがあったが、そういうエッセンスもちゃんと入れているのはさすがだ。

   わかる人はより楽しめるし、わからなくても楽しめるよくできたドラマとなっている。脚本は「半沢直樹」の八津弘幸である。第4回の予告編を見たが、「後妻業」がテーマとなっている。

プロの家事テクニックも見どころ

   このドラマの最大の特徴がミタゾノによる家事テクニックで、柔軟剤を20倍に薄めた水で拭くと静電気が起きづらく家具にホコリが付きにくくなるとか、食品用のラップに歯磨き粉をつけてコップやグラスを磨くとピカピカになるとか、シールを綺麗に剥がすにはドライヤーで熱を加えればいいなどなど、役立つ知恵が満載だ。

   第3話の最後、ミタゾノが男装(?)している姿がちらっと映ったが、なぜミタゾノが女装しているのか謎は深まるばかり。夏木マリもはまり役でよかったし、今後、どんなゲストが出るかも楽しみ。女装姿の松岡がココリコ田中に見えると一部ネットでも話題だとか。いろいろ気になるドラマだ。(金曜よる11時15分)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中