小池都知事「海外出張予算」8分の1!飛行機はビジネスクラス、随行員も半分

印刷

   司会の夏目三久がシリーズ「揺れる都政~小池劇場の行方」で、東京都の来年度予算要求を取り上げ、「ここでも小池カラーが打ち出されました」と伝えた。注目したのは、豪華過ぎると舛添要一前都知事が批判された海外出張費だ。今年度予算は3億3500万円だったが、来年度の要求額は4300万円と8分の1に圧縮された。

1回あたり6700万円から1400万円

   なぜこんなに圧縮できたのか。都の政策企画局によると、飛行機では舛添氏はファーストクラスだったが、来年度の予算要求ではビジネスクラスに下げ、随行する職員数も13人から7人と半分以上減らした。これによって、1回当たりの海外出張経費は6700万円から1400万円となり、海外出張の回数も年間5回から3回に削減したという。

削減されました

   このほか、来年度予算要求では介護や待機児童対策の分野に今年度と比べ266億円以上の予算が増額されなど小池カラーが打ち出されているという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中