香取慎吾「芸能界に未練はない」相変わらず周囲振り回すお騒がせグループ・・・行く末ぐらい自分ではっきりさせろよ

印刷

   トランプ新大統領誕生に唯一間に合ったフライデーは、暴言王トランプ誕生で「日本はひどい目にあう」とタイトルを打っているが、ここに書くべき新たな情報はない。

   そのフライデーが、6年越しの付き合いになる内田有紀と柏原崇が忍んで行ったのは日光東照宮のすぐ近くにある二荒山(ふたらさん)神社だったと報じている。ここには「子宝石」と呼ばれる巨大な石があり、子どものいない人には子が授かり、妊娠中の人は安産だといわれているそうだ。

   内田は40歳、柏原39歳、ともにバツイチ。内田にとっては子どもが授かれば高齢出産となる。結婚、出産となるのか、はたまたその逆か。どちらにしても目出度いことになりそうだ。私は内田のデビューした当時を知っているが、素直な可愛い子である。幸せを祈りたい。

   フライデーはSMAP解散について、香取慎吾が「解散できないならアメリカへ行く」といっていると報じている。「いつジャニーズを辞めてもいい」「芸能界に未練はない」といい、アメリカへ行って好きな絵を描きたいと周囲に公言しているというのだが、読んでみると、解散が回避されればアメリカ行きはあり得ない、紅白歌合戦出場も特別枠で出場することは可能で、NHK側との交渉は続けられているというから、お騒がせグループのわがままが未だに続いているようである。いい加減いい年なんだから、各人が今後の活動についてはっきり意思表示をするべきではないか。

   HIROと結婚している上戸彩は子どもを授かり、さぞ楽しく暮らしていることであろうと、こちとら門外漢はそう思っていたのだが、女性セブンが「夫は知らない離婚相談」をしていると報じているので、気になって読んでみた。

   親しい友人に「万が一離婚することになっても、子どもだけは絶対に自分が育てたい」と親しい知人に漏らしたというのだ。その理由は、HIROのやっている会社がレコード大賞を1億円で買ったと報じられたことや、毎晩遅くて、ゆっくり話す時間がないということだそうだが、そんなことで離婚していたら夫婦なんて成り立たない。

   私も現役時代は仕事、夜遊びでろくに家にいたことはないが、ここまで何とか結婚生活を続けている。HIROのほうは、早く2人目がほしいといっているというのだから、女性誌のいらぬお節介記事のようだ。

朴槿恵大統領「辞任」で待っている地獄!歴代は死刑判決、自殺、懲役17年・・・

   週刊文春も週刊新潮も朴槿恵(パククネ)大統領のスキャンダルがよほど嬉しいのか、ともに巻頭でやっているが、これまでの報道を繰り返しているだけで新味はない。

   権力者を操り巨富を築いていった崔順実と、朴大統領を取り巻く不可解な人脈の解明はこれから進むのであろうが、朴大統領は4日(2016年11月)の国民向けの謝罪談話で、崔についてこう述べている。「一人で生きていて、しなければならない個人的なことを助けてくれる人もなく、長く縁のあった崔順実氏から助けてもらうようになり、行き来するようになった」「私がいちばん苦しかった頃に、横にいて守ってくれたので、私自身が警戒の壁を下げたのが事実」「振り返ると、個人的な関係を信じて、しっかりと検証できなかった」

   身内も遠ざけ、孤独に耐えることを自分に課した彼女が、崔だけは遠ざけられなかったのだ。

   大統領には不逮捕特権があるが、いったん職を離れれば逮捕や投獄もあり得る。週刊ポストに載っている歴代大統領の末路を見ると悲惨である。全斗煥には死刑判決、盧泰愚は懲役17年の判決、盧武鉉は司直の手が伸びる前に飛び降り自殺、李明博も逮捕され有罪判決が下っている。そのために朴大統領は辞めることさえできない。テレビで見る限り、諦めきって何かを覚悟したように、私には朴大統領が見える。盧武鉉の二の舞にならなければいいが。

黒田日銀総裁まるで他人事「物価上昇政策 失敗しちゃいました」抱えた国債350兆円

   週刊新潮は日銀黒田総裁の「失敗」を取り上げている。任期中に物価上昇率2%は達成できないと白旗を掲げたが、ゴメンですむ問題ではない。なにしろ<「10月31日の時点で日銀が抱える長期国債の銘柄別残高は348兆4117億円」(シグマ・キャピタルの田代秀敏チーフエコノミスト)>にもなる。日銀には7兆円以上の自己資本があるが、<「これを含み損に補填したとしてもまだ追いつかず、現状では差し引き約1兆7000億円の債務超過になっている」(同)>という。

   数字を見ているだけで気の遠くなる金額であり、インフレになって銀行間の取引金利を引き上げ、物価を抑制しようとしても、政策金利を1%上げただけで3兆円の金利を日銀は払わなければいけないそうだ。

   そうなると手持ちの自己資本など2、3年で消えてしまう。私には何のことかさっぱりわからないが、黒田日銀の大失敗は日本経済に暗い影を落としたことだけは間違いない。昔なら切腹ものだ。

   先に週刊新潮が報じた日教組委員長・岡本泰良氏の不倫&組合費の私的流用疑惑だが、逃げ隠れていた岡本氏が「雲隠れのまま辞任」するそうだ。だが、こうした前代未聞の不祥事にも、<「辞任は当然ですが、本来、組合員が横領で告発しても良いレベルの案件。そうした動きがひとつも見えてこないのは教育者の団体として情けない」(教育評論家・森口朗氏)>。週刊新潮のいうように、この組織自体が息も絶え絶えなのだ。

安倍・プーチン会談の名門旅館・・・創業135年、1泊2食付2万円はリーズナブル

   週刊新潮がプーチン・ロシア大統領が訪日するとき、安倍首相が自分の贔屓の地元山口県・長門市にある老舗旅館「大谷山荘」を使うのは、<「故郷に錦を飾りたいだけ」(政治評論家・森田実氏)>だと批判している。この旅館は創業から135年、天皇も泊まったことがある名門旅館で、それにしては平日の朝夕食付きで1人1泊2万円前後だというから比較的リーズナブルだと思う。

   いいではないか、故郷に錦を飾るのは。こんな言葉は今では死語に近いが、少年よ大志を抱けと同じよう、忘れてはいけない言葉だと思うよ。

   週刊文春が堺正章の「チューボーですよ!」(TBS系)が年内で終了すると報じている。22年続いた長寿番組だ。始まった頃はよく見ていた。雨宮塔子と堺の掛け合いが面白く、街の巨匠といわれる「うまい店」が紹介されるのも楽しみだった。

   最後に雨宮がゲストに、つくった料理に「星いくついただけますか」と聞く。3つ星が最高で、堺が「星3ついただきました~ッ」と喜ぶのが決まりだった。深夜番組の一つのスタイルをつくったが、堺も70歳、体力的にキツくなったから降板するそうだ。

   昨夜、友人たちとの酒の席で、フリーはいくつになったら現役を退くべきかが話題になった。私は70歳が線引きではないかといったが、気がついたらもうすぐ71歳になる。現役を退くタイミングを逸してしまった。そろそろ消えなければ。

   週刊文春が報道したレコ大大賞をカネで買ったというスクープは、ほとんどのメディアがダンマリを決めているが、11月7日(2016年)にTBS本社で今年のレコ大の2度目の審査会が行われたそうだ。

   だが、この問題を調査しようという声は上がらず、今年もバーニング周防郁雄氏の息のかかったライジングプロのふわふわ「フワフワSugar Love」や西内まりやの「BELIEVE」、バーニング幹部の某氏が推す西野カナが有力だという。

   自浄作用のない業界は腐敗し潰れる。これが一番当てはまるのが芸能界であることは間違いない。

「エリザベス女王杯」ミッキークイーン本命、対抗パールコード・・・当たるかどうかは保証しません

   【絶対外れる競馬予想】今週のメインは「エリザベス女王杯」。ディープインパクト産駒は、牝馬なら430~440キロ前後、差し、追い込みタイプがよく、逃げ、先行馬はあまりよくない。

   このレースにはタッチングスピーチ、マリアライト、ミッキークイーンの3頭が出走。順調さでマリアが一歩リードする。去年のこのレースの覇者だが、牝馬の2連覇は至難である。

   2冠馬のミッキークイーンは6か月ぶりだが、この中では最強と見る。タッチングは鞍上のムーアに魅力はあるが、宝塚記念が負けすぎ。それなら3歳のパールコードのほうに一発逆転の力を感じる。大外枠は包まれずかえって有利で京都コースも得意。1着まであると見る。

   結論はミッキークイーン本命。対抗パールコード。▲がクイーンズリング、△がマリアライト、ヒルノマテーラ、タッチングスピーチ、2着の大穴で乗りに乗っているルメール騎乗のシングウィズジョイを少々。GOOD LUCK!

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中