トランプ政治どう出る?孤立主義と軍事介入という最悪の結びつき

印刷

   アメリカ大統領選は大方の予想を覆しトランプ勝利に終わった。各国に当惑と歓迎が広がっている。駐米フランス大使は「イギリスのEU離脱とこの選挙と、もはや何でも起こりうる。世界が目の前で崩壊しているようでめまいがする」と語り、サッカー元英国代表のリネカーは「われわれはとんでもない時代に生きている」という。

   一方、フィリピンのドゥテルテ大統領は「トランプ、勝利心からお祝いするよ」、フランス・国民戦線のルペン党首は「トランプ氏、そしてアメリカの皆さんおめでとう」、ロシアのプーチン大統領も「トランプ氏おめでとう。ロシアはアメリカと完全な関係修復を望んでいるし、用意はある」と語った。

   デープ・スペクター(テレビプロデューサー)、国際政治のスペシャリスト藤原帰一(東京大教授)、アメリカ経済のスペシャリスト安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)がなぜ大逆転になったのかを探った。

デーブ・スペクター「アメリカ人のやっていることはよくわからない」

   デープ・スペクター氏は「自分が言うのは変ですが、アメリカ人のやっていることはよく分からないですね。それだけのショックで予想外でした」

   藤原帰一氏は「ドゥテルテ、ルペン、プーチンから礼賛される大統領がアメリカの指導者になったことに、まだ衝撃を受けています。」

   9日(2016年11月)の東京株式市場がトランプショックで日経平均が一時1000円以上も下落したことについて、安井明彦氏は「株価は大荒れになりましたね。開票が進むにつれて様子がおかしいとどんどん下がって行く展開でした」

   歴代大統領と今回の大統領候補の『嫌われ度』を追っている調査会社によると、トランプは50%を最も嫌われ度が高い。2位がヒラリー・クリントンで40%近かった。嫌われ度が30%を超えたのはブッシュ大統領息(息子)を入れて過去3人しかいない。

   鎌倉千秋キャスター「それでも大逆転で勝利した背景は何だったのでしょうか」

   安井氏は「トランプが勝ったというより、クリントンが負けたという側面が強いと思います。これまでの政治家ではない人が欲しいという選挙だったにもかかわらず、クリントンが既存の政治を変えたいという流れにまったくマッチしていない候補だったのが敗因だったのでしょう」と分析する。

   藤原氏は「出口調査を見ると、白人でクリントンに入れた人は37%、トランプに入れた人は57%。白人・高卒以下でクリントンは28%、トランプは67%だった。クリントンは民主党の地盤だった白人のブルーカラー層をトランプに奪われ大敗を期したのだろう」

   スペクター氏は「ヒラリーが疑惑が晴れても信じないトランプ支持者が多く、トランプにはまったく具対案がないのにトランプ信者になった」と話す。

日本大迷惑!輸出関税引き上げ、TPP離脱、駐留米軍負担増・・・

   トランプは「日本がネブラスカ州の牛肉に38%の関税を掛けるなら、われわれも日本の自動車に38%の関税を掛ける」と息巻き、TPP離脱を明言する。米軍の駐留経費の負担増額を求め、いやなら米軍撤退をほのめかす。日本はどう受け止めればいいのか。

   藤原氏は「トランプはアメリカの力を削減することは考えていないと思います。孤立主義ですね。アメリカが関わらないところには力を出さないという発想ですが、アメリカの安全のためには何でもやるということでもある。孤立主義と軍事介入という最悪の結び付きなんです」

   TPPについて安井氏は「トランプは就任初日に離脱を発表すると言っており、これだけはっきり公約しているので必ずやるでしょう」と見る。

   具体的な政策はほとんどないに等しく、これが一番のトランプリスクだろう。

NHKクローズアップ現代(2016年11月9日放送「『トランプ新大統領』の衝撃~大胆予測 世界は!?日本は!?」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中