68年ぶり!今夜のウルトラスーパームーン見える?東北、北海道、沖縄の一部

印刷

   井ノ原快彦キャスターが「きょう14日(2016年11月)の夜は68年ぶりなんだそうです」と紹介すると、後ろに大きな月の映像が出た。佐藤俊吉アナが「今夜はスーパームーン。普段よりとくに大きく明るく見える大満月なんです。1年に1回のこの現象はあるのですが、なかでも今夜の月は1948年1月以来の近さまで接近します」と説明する。

   大きさも明るさももっとも小さく見える時の約1・3倍だ。

地球に最接近

   今年はスーパームーンの中でもウルトラスーパームーンというわけだが、なぜ大きく見えるのか。「地球の周りを回る月の軌道は楕円形です。今夜は距離35万6500キロメートルまで近づくんです。これが68年ぶりというわけです」(佐藤アナ)

   心配なのは天気だ。日本列島は雲に覆われていて、関東地方の今夜の天気は曇りか雨という予報になっている。「見られそうなのは東北・北海道と沖縄地方の一部です。ただ、あすも月は今夜とさほど変わらないくらい大きくて明るいので、関東地方もあすは見られると思います」

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中