博多・大規模陥没たった1週間で元通り!驚異的な日本の土木技術

印刷

   先週8日火曜(2016年11月)に大規模陥没した福岡・博多駅前の道路がスピード復旧し、きょう15日の朝5時から通行が再開した。司会の羽鳥慎一は「(陥没のあとが)何もなくなっています。この驚異的な日本の技術力ですね」と目を丸くしている。玉川徹(テレビ朝日ディレクター)も「すごいね」

発生時間がずれていたら大事故

宇賀なつみキャスター「人通りが多いところですから、ちょっとでも時間がずれていたら大きな事故になっていましたよね」
tv_20161115131522.jpg
羽鳥「地下鉄の工事が原因だったんでしょうけど、現場でちょっと砂が落ちてきてすぐ道路とめた。おばあちゃんが避難する時にちょっとケガしたようですが、この対応の早さがあったのでこのぐらいで済んだんでしょうね」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中