2019年 11月 16日 (土)

京都市「待機児童ゼロ」PR動画にお母さんたちツッコミ!「嘘つきやな」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   京都市のホームページに載った奇妙な動画。保母さんと思しき扮装に、能面のようなメイクのダンサーが幼稚園児と滑り台をバックに踊る。「待機してない」「保育園があ、充実~」「1人も待機してないよ」「しかも保育士充実」「みんな仲良く通ってるう」とラップ風の曲が流れる。

   京都市が3年連続「待機児童ゼロ」を達成したとアピールしたのだが、たちまち「ウソつきやな」「今すぐやめろ」と市民からツッコミが入った。

実は潜在的待機児童513人

   京都市に住む橋元葉子さんは「ああいうの見せられるのは、失望もあるし、憤慨する」という。橋元さんは生後4か月の長女を4歳の長男と同じ保育園に入れたいのだが、空きがなく入れない状態だ。つまり「待機」なのだが、市のの基準だと「待機」に入らないのだ。

tv_20161125145049.jpg

   京都市には実際には保育園入園を待つ児童は513人いる。「職員は認識しているんですよ。たくさん待っていると」と橋元さんはいう。「ただ(待機児童の)定義には入っていないからゼロになる。私たちは、『ゼロって言わないでください』と言っているんですよ」

   司会の小倉智昭が動画を真似て「待機児童はあ~ゼロじゃないの」と聞く。

   内野泰輔アナ「3年連続ゼロは間違ってはいないんですけれども、京都はもう一つの数字を公表しているんです。それが513人なのですが、潜在的待機児童というのだそうです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中