2019年 11月 20日 (水)

「東京オリ・パラ」IOCも水膨れ批判!2兆円でも高過ぎる・・・森喜朗憤然

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2020年東京五輪・パラリンピックの会場見直しを議論する東京都、政府、大会組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)の4者トップ級協議がきのう29日(2016年11月)に開かれ、バレーボール会場をめぐって小池百合子都知事と森喜朗組織委会長が激しくやりあった。

横浜市「バレー会場に横浜アリーナ案うけたまわります」

   「有明アリーナ」を新築すると404億円、整備費を削ってもなお340億円かかるが、既存の「横浜アリーナ」を活用すれば7億円ですむ。有明アリーナで押し切ろうとする組織委に対して、小池知事は「クリスマスまでに最終の結論を出したい」と先送りを打ち出した。森会長は「今の時点で結論を出せないのか。クリスマスまでに何をやるんですか」と食い下がる。

tv_20161130124127.jpg

   小池知事が「有明アリーナは類似会場から見ても随分高い。建築の観点からも見直します」と答えると、森会長は「横浜市は合意しているのか。僕が知る情報では、横浜は迷惑していると聞いています」とからんだが、小池知事は「横浜市からはお決めいただいたらぜひやりたいという言葉をいただいています」と切り返した。

   その横浜市の林文子市長は「迷惑はしていません。ご要望があればうけたまわります」と話している。森会長の話とはだいぶ違う。

   司会の羽鳥慎一「横浜は来るならやりますということですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中