2018年 9月 22日 (土)

TPP空中分解なのに「関連予算」付くデタラメ!役所は「発効しなくても必要」

印刷

   アメリカのトランプ次期大統領が離脱を表明して、TPP)(環太平洋パートナーシップ協定)は瓦解したが、それでも日本国内では関連法案が執行されているという。

   民進党のプロジェクトチームは、2015年の大筋合意以降に計上した総額1兆2000億円のTPP関連予算について、妥当かどうかの検証をはじめたが、各省庁は「TPPが発効しなくても必要な予算」と説明しているという。

   司会の羽鳥慎一「TPPのための予算が、TPP発効しなくても必要っていう。なんだかよくわかんないですけど」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「おかしいでしょ。『総務省の放送コンテンツの海外展開支援』、『財務省の国際的催しで日本産の酒をPR』もTPP関連予算なんです。要するに、TPPと名目がつけば普段通らないようなものをそれにくっつけて全部通しちゃえって感じが如実に伝わってきますね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中