座席は芝生、網棚に植木鉢・・・中国「緑化電車」乗りにくいと12時間で『運休』

印刷

   中国・浙江省で草木が生い茂った地下鉄車両が運行された。ウェイボの映像などをもとに「とくダネ!」が伝えるところでは、車内の座席に人工芝が敷き詰められ、網棚の上にはところ狭しと植木鉢などが置かれ、まるでジャングルのようだ。

   鉄道会社が緑化運動の一環として、エコ推進とCO2削減を提唱するために企画したもので、徹夜で植物や芝を置いたという。

「ラッシュアワーはいよいよ混雑」

   乗客の評判はよくなく、「草で手を切ったら、どうする。すぐやめろ」「ラッシュアワーは混雑するから不便だ」など批判が強かった。長期運行する予定だったが、12時間で中止された。

小倉:止めて当然

   司会の小倉智昭「やめた方がいいよ、意味ないっしょ」

似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中