『嵐』看板番組アブハチ取らず!悪ふざけコーナー並べられてもファンは満足できない
<嵐にしやがれ>(日本テレビ系)

印刷

   この番組はたまに見るのだが、そのたびに内容が変わっているように思うは気のせいだろうか。ジャニーズ1の人気アイドルグループ『嵐』の看板番組なのに、視聴率もぱっとせず、なんとかしなければと焦る気持ちもわかるが、もう少し落ち着いて欲しい。

   初期の頃の「アニキゲスト」とトークしていた頃が一番しっくりしていたように思う。ヘタなコーナーで細切れにするよりも、シンプルに「トーク」と「歌」だけにしたほうが、嵐の魅力をじっくり堪能できるし、そのほうがファンも嬉しいはず。

   この日のメインゲストは出川哲朗だったが、嵐の5人に出川の髪型に似たカツラを被らせ、出川のモノマネをやらせていたが、たいして面白いわけでも、そこからなにかが広がるわけでもなく、ただの悪ふざけだった。その後の個別企画でも大野智が清水ミチコと変顔対決があって、そちらのほうがよっぽどクオリティが高い。ただ、同じ番組の中でモノマネ企画を2つやるのはどうかと思うし、清水もこのコーナーだけの出演ではもったいない。

   「デスマッチクイズ」は出川が嵐に自分にまつわるクイズを出題し、正解者は出川オススメ絶品グルメが食べられるもので、巷のグルメ情報がわかるだけまだましだ。

   SMAPの「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のように、ファンに長く愛される嵐の看板番組になるには何かもう一工夫欲しい。(放送2016年12月4日22時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中