2020年 11月 30日 (月)

担任「○○菌発言」の小学校で説明会、担任は欠席

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   担任の男性教諭(40代)から「○○菌」と呼ばれ小学4年の男子児童が不登校になっている新潟市内の小学校で6日(2016年12月)夜、発覚後初めての保護者への説明会があった。問題の担任教諭は精神的ショックのため欠席し、男子児童は不登校のままだ。おかしな学校側の対応で解決は遠のくばかりのようだ。

保護者らは淡々とした雰囲気、いじめ背景に親の偏見も?

   取材した岡安弥生リポーターによると「普通いじめ発覚後の学校の説明会は質問が相次ぎ、時には怒号が飛んだりする場面があるんですけど、昨日の出席した保護者によると、質問も少なくて『いじめはここだけじゃない』という保護者もいて、淡々とした説明会だったようです」という。

tv_20161207131701.jpg

   原発事故のから避難してきた男子児童へのいじめは横浜市の小学校でもあり、背景には親の偏見が子どもへ影響しているのではとみられている。羽鳥慎一キャスターも「(そうした背景が)たぶん今までの説明会とは雰囲気が違うと感じたのかも...」という。

   コメンテーターの浜田敬子・元AERA編集長も「子どもたちの知識で原発事故から避難された児童に(○○菌など)そういう言い方をするとは思えない。家庭の会話の端々が子どもなりに何かを感じていじめにつながったと、保護者が自分たちにも何か落ち度があったのではないかと感じているのかもしれませんね」と話す。

   一方、岡安が男子児童の母親から直接、話を聞くことができた。母親は「息子は、担任の先生はちょっと嫌だと言っているけど、それ以外に部分では友だちに会いたいと言っているし学校へも行きたいと...何かもう切なくて。担任の先生本人から直接、何が真実か説明があるまで、(間接的に)謝罪されても問題解決にならない」と話している。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中