2歳の女児救った複数の奇跡

印刷

   大分県佐伯市で行方不明になっていた2歳の女児が一夜明けた6日(2016年12月)朝、山中で無事に保護された。羽鳥慎一キャスターが「冬の山中で過ごした女児がなぜ助かったのか、いくつかの奇跡がありました」と伝えた。

   自宅前の畑にいた徳永暦(こよみ)ちゃんが、母親が目を離した5分ほどの間にいなくなったのは5日午後1時ごろ、発見されたのは、畑から直線距離で600m離れた山の中だった。

急斜面の山道、2歳の子どうやって?

   険しい山道を大人の足で15分ほど登った斜面に座っているところを父親の同僚が発見した。「見つけたとき『お母さん』と言って泣いたので大丈夫だよ、お父さんもお母さんも待っとるからねって声を掛けたら安心したようだ」と話す。

tv_20161207152903.jpg

   その暦ちゃんが辿ったとみられる急斜面の山道をスタッフがのぼってみると、「とても2歳の女児が登ったとは思えない障害物もある道のりです」という。

   夜の山奥は何も見えない真っ暗闇、しかも雪こそなかったが冬山。羽鳥キャスター「2歳でこんなところに行ったのかという場所ですよね」と不思議がる山の中で一夜を過ごしかすり傷程度で無事に保護された奇跡とは...

午前3時に13.6度まで気温上昇、暖かく

   実は、5日から6日朝までの現地の最低気温が幸いしていた。暦ちゃんが行方不明になった当時の服装は、長そでシャツにカーディガンを羽織りジーパン姿で、とくに防寒対策をしていたわけではなかった。

   ところが、例年だと0℃前後になる最低気温が、6日午前1時の最低気温は6.7℃と11月初めごろの気温。しかも暦ちゃんを守るかのように奇跡的に暖かい空気が入ってきて午前3時過ぎには13.6度まで上昇した。

   ボーイスカウト日本連盟の石井琢磨によると、「この気温は凍えることもなく、汗もかきづらい、脱水状態に陥らない気温だったのがよかった」と話す。加えて2歳児だったことも幸いしたようだ。「現状認識ができる年齢になると逆にパニックを起こし事故に遭う可能性もあった」という。

   AERA元編集長の浜田敬子「汗をかくとそれが冷えて体温が下がるということがある。それもなかったのかもしれませんね。よかったですね」と、出演者ともども奇跡が重なって無事保護されたのを喜んだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中