2018年 12月 16日 (日)

吉田羊が初のCMクイーン、今秋ドラマ2つ主演の勢いそのままに

印刷

   2016年の「タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター主催)が8日(2016年12月)発表され、女性部門は女優の吉田羊が13社で初のCMクイーンの座についた。女性の2位は広瀬すず、マツコ・デラックス、ローラ(いずれも12社)が並んだ。

   吉田は今秋「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジ、関西テレビ制作)で地上波民放初の連ドラ主演をつとめ、同時期のWOWOWの連ドラ「コールドケース~真実の扉」でも主演している。医師と刑事がそれぞれの役柄だが、吉田のクールなキャラクターが、商品の訴求力にもつながっているということだろうか。

   一方、男性部門は嵐の相葉雅紀とテニスの錦織圭が12社で1位となった。一方、「成り上がり」の代表は斎藤司(トレンディエンジェル)。2015年M-1グランプリを制し、昨年の0社から9社へと躍進した。(テレビウオッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中