今日夕方にプーチン大統領、山口入り...安倍首相と一緒に温泉?

印刷

   ロシアのプーチン大統領が15日(2016年12月)来日し、安倍首相の地元、山口県長門市の老舗旅館で安倍・プーチン会談が夕方からスタートする。

   日本は念願の北方領土交渉で解決策を見出すことができるのか。番組に中村逸郎・筑波大教授とジャーナリストの山口敬之がゲスト出演し、会談の行方を探った。

   会談が行われるのは、天皇皇后両陛下も宿泊したことがある山口県屈指の老舗旅館「大谷山荘」。プーチン大統領は午後に山口入りし夕方から会談に臨み1泊して、明日16日には日本を離れる予定という。

   安倍首相にすれば地元の老舗温泉旅館で裸の付き合いをし、信頼関係を醸成しながら北方領土返還の糸口を見出したいところだろうが、タフでしたたかなプーチン大統領とどこまで折り合いを付けられるか難しい戦いが始まる。

2人で温泉に入るかが鍵

   大谷山荘の温泉は、「美肌の湯」で知られリラックスできる効果があるという。まず最初のポイントはこの温泉で裸の付き合いできるかどうか。山口敬之は「一緒に入ると思う。私も(安倍番で)2回は行ったことがあるが、いい温泉であることには間違いない」。

   日ロ交渉の柱は北方領土、平和条約、信頼構築の3つ。15、16両日の首脳会談では冒頭から北方領土問題、平和条約の締結から入っていくことになっていると言われている。

したたかなプーチン流交渉術にどう対応?

   ところが訪日直前の読売新聞など一部メディアのインタビューでプーチン大統領は「(日ロ間に)領土問題はまったくない。日本が欧米と共に経済制裁を続けたままでロシアとの関係正常化を進められるのか」と述べた。

   この期に及んでなぜ後退する発言をするのかと言いたいところだが、そこがもとKGB(旧ソ連国家保安委員会)の職員として鍛えたしたたかさなのだろう。

   山口敬之によると、11月上旬に行われた谷内正太郎・国家安全保障局長とパトルシェフ・ロシア安全保障会議書記との交渉で、首脳会談の進め方についてロシア側が信頼構築のための経済協力先行を主張したのに対し、日本側は経済協力と北方領土問題を同時に進めるよう主張して激突、決裂してしまった。

   山口は「先のインタビューでプーチンが伝えたかったのは一つだけ。経済協力で信頼関係を築いてから領土問題の話し合いに入る。プーチン大統領はここをもう一回強調して見せる必要があったということだ」という。

領土問題で定期協議の合意なるか

   今回の首脳会談で北方領土問題解決へすんなり向かうとは考えにくいが、日本側は領土問題について定期協議の場を設けることを主張している。山口は「もしこの定期協議で合意ができれば大きな第一歩、技ありというか、安倍首相は交渉で相当頑張ったなと言える」。

   中村教授によると、プーチン大統領のタフでしたたかな交渉術は、最近の例では9月(2016年)に中国で行われたG20で、ドイツのメルケル首相に「まだ体力があればいいが...と」言って深夜1時からの首脳会談を求めたという。さてこのしたたかな交渉術に安倍首相はどう迎え撃つか。

文 モンブラン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中