堺正章「巨匠引退」やっぱり高すぎるギャラのせい?番組でもおカネのギャグばかり
<新チューボーですよ!>(TBS系)

印刷

   22年間続いた番組も残すところあと2回。この日のゲストは巨匠・堺正章とはザ・スパイダース時代からの仲間で、番組最多出演者(13回)でもある井上順だった。自身のヒット曲「お世話になりました」を歌いながら登場した井上は、今年のNHK大河ドラマ「真田丸」で織田有楽斎を演じ好評だったが、その話題で井上が自慢話を少々したあと、堺に「あなたは見ていただきましたか?」と確認すると、堺は真顔で「いいえ、見てません」。それを聞いて、「ズコッ」と井上が絶妙のタイミングでコケる。名コンビ健在だ!
   この日に作るのは「天津丼」。これまでに幾度もチャレンジしているが、玉子がまとまらず、フライパンでひっくり返す時にぐちゃぐちゃになってしまい、成功したことがないメニューで、最終回を前にリベンジしようという趣向だ。結果的に「天津丼」は成功し、めでたしめでたしとなったが、注目は堺の何気ない発言だった。
   井上が登場した際には「感謝の気持ちで来てくれたの? ノーギャラ?」と井上に聞き、「番組が終ったら、うちで働きませんか」とVTRで登場した街の巨匠の呼びかけには「ギャラ高いよ」と答え、井上が過去13回の出演場面を「スタッフに頼んでVTRを作った」と言えば、「井上さん止めてくださいよ、予算使うの」と、冗談とはいえ、妙にお金がらみの発言が多かった。やはり、番組終了の理由は堺の高額なギャラなのかと勘ぐりたくなるではないか。(放送2016年12月17日23時30分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中