たけしに引導渡す人いないのか!言語不明瞭意味不明・・・年末年始も頼りっきりのテレビ情けない
<新・情報7daysニュースキャスター>(TBS系)

印刷

   ビートたけしと安住紳一郎アナの丁々発止のやりとりが楽しい番組だったが、このところのたけしときたら、ご本人は得々と喋っているのだが、言語不明瞭で何を言っているかまったく聞き取れない。こちらの耳が悪くなったのかと、テレビの音量を上げたところで結果は同じ。とくにたけしがノリノリになればなるほど早口になり、ますますわからなくなるという悪循環だ。いっそ字幕スーパーでも出してくれればとも思うが、生放送ではそれも無理か。
   この日も「たけしの括目ニュース」というコーナーで、「年末の風習 その始まりは?」という話題をとりあげていたのだが、これがもう最初から最後までわけがわからない。そもそもこのコーナー自体、あきらかに構成作家が調べただけの原稿をたけしが丸読みするだけで面白くもなんともないし、不必要なのではという気もする。
   そんなたけしだが、なぜか毎年、年末年始の特番に重用されており、今年も24日の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル保存版!未確認生物UMA大図鑑SP UMA捕獲プロジェクト始動!」、25日は「ビートたけしのTVタックル たけし&爆笑問題の2016をザワつかせた30人」(ともにテレビ朝日系)、28日は「今年のワイドショーを全部笑に!!ビートたけしのオワラボ」(フジテレビ系)などなど、多くの番組に出演している。いまだたけしに頼らざるを得ないテレビも情けない。誰かたけしに引導を渡す者はいないのか。(放送2016年12月19日22時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中