値下げ?値上げ?どっちになるの 東京23区・タクシー初乗り運賃、1月末に改定

印刷

   東京の23区と武蔵野市、三鷹市のタクシーの初乗り運賃が来年(2017年)1月30日から変更される。現在は「2キロまで700円から730円」だが、來年からは「約1キロまで380円から410円」と値下げになる。「家計には一見、うれしいように見えますが、走行距離がある距離に達しますと、逆に値上げになります。値下げと値上げ、その分岐点とは――」と司会の夏目三久が取り上げた。

   現在は2キロを超えると、280メートルごとに90円加算される。一方、新運賃初乗り410円の場合、1.052キロを超えると、237メートルごとに80円加算される。約1.7キロ走ると約650円になり、現在より約80円安い。だが、約2キロ行くと730円になり現在と差がなくなる。

目安は「約1.7キロまでは値下げ」、「6.5キロ以上は値上げ」

   現在よりも確実に値上げとなるのは6.5キロ。6.5キロ走ると2330円となり、現在よりも70円ほど割高になる。つまり、「約1.7キロまでは値下げ」、「6.5キロ以上は値上げ」ということだ。

tv_20161221110532.jpg

   夏目「変更のメリットについて、国土交通大臣は訪日外国人や高齢者が短距離でも利用しやすくなるのでは、といっていますが、どう考えますか」

   牧嶋博子(TBS解説室長)「たしかにそうなんですが、高齢者は病院に行くときなど家にタクシーを呼ぶことが多いんです。いま都内で迎車料金は約310円ですが、ここの料金は全然、変わっていませんね」

   夏目「そこのところも、ちょっと変われば」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中