ドローン・スキーで雪上、空中を滑走

印刷

   映像作家で人気ユーチューバーのケイシー・ネイスタットさんが最近、YouTube(ユーチューブ)に投稿した動画が話題沸騰中だ。

   「人間を運んでくれるドローンがどこにも売ってないから、自分たちで作ってみた」というケイシーさん。他のユーチューバーや電機メーカー「サムスン」の協力を得て、おそらく世界初となる「ドローン・スキー」に挑んだのだ。

   この「クリスマス・シーズン企画」のために、ニューヨーカーのケイシーさんはサンタクロースの故郷としても知られるフィンランドのスキー場に飛んだそうだ。サンタクロースのような真っ赤な衣装でゲレンデに現れたケイシーさんの足元には、ソリではなく、スノーボード。これを引くのは、トナカイではなく、巨大なドローンというわけだ。

   ケイシーさんは空中を進むドローンに引かれて、まるで水上スキーのように雪の上を滑走。ついには、宙に浮いた。その高さは、木々や小屋の屋根以上あり、最大で10メートル近く上昇したものと見られる。動画では、空を飛ぶケイシーさんがドローンから伸びるロープに片手でぶら下がっているように見えるが、実際はハーネスで固定しているそうだ。

   なおケイシーさんは今年(2016年)の秋には、エミレーツ航空の正規料金2万ドルのファーストクラス席に搭乗した様子をユーモラスに動画でリポートして、大きな話題となっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中