福山雅治が撮る故郷・長崎の光景とは?

印刷

   俳優・福山雅治の知られざるライフワークは「写真」である。シングル「HELLO」のジャケット写真の撮影をきっかけに、鳥取県境港市を拠点に独特の写真世界を構築した植田正治(故人)との交流を深めるなど、写真へのこだわりは半端ではない。

   そんな福山が写真を撮影しながら故郷・長崎を旅する。目的は長崎の街に響く独特の音の余韻『残響』を感じること。見えてきたのは500年にわたる長崎の歴史とともに歩んだ先人たちの営みだという。福山ファンならずとも視たくなる好番組だ。放送は22日(2016年12月)午後10時30分から。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中