安倍首相にまんまと利用された宮根誠司!プーチンにしてやられた日ロ首脳会談のとんま糊塗
<Mr.サンデー 安倍総理生出演で語る>(フジテレビ系)

印刷

   貧すりゃ鈍するフジテレビ。宮根誠司が迎えた客は安倍晋三首相。それはまあいいとして、何を語らせたかと言えば、プーチン大統領にしてやられて、「大山鳴動して鼠一匹」も出なかった日ロ首脳会談の結果を自民党の同僚にも批判されたのを糊塗するために、宮根を利用して、またまた架空の期待を語らせたことである。これは限りなくメディアの私的利用と言える。与しやすいフジを使ったのだ。

   宮根が言う。「2人の間では、2人とも政権維持が続くので、何年か先に返還するという日時まで約束したんじゃないんですか」だと。間違いなく、これは安倍側が宮根に「そう言え」と指図した結果だろう。安倍は、日時が決まっているということはない、と口でもごもご言いながらも、ニヤニヤしてまんざらでもない様子。つまり、そういうこともありそうと思わせて、何の成果もあげられなかったと酷評されたのを緩和したい意図が丸見えなのであった。

   利用された宮根誠司も報道マンの風上にも置けない情けなさで、流石に木村太郎は「そこまでは乗れない」とばかりに苦笑まじりであった。時の政権にべったりのNHKが、大組織過ぎて小回りが利かず、急ぎの役に立たないので、フジが狙われた。それが証拠に、わざわざ安倍がプーチンを待ちながら、「ミヤネ屋」を見ている後姿の写真まで撮っている。偶然を装っているがそうではあるまい。時の権力者を監視すべきマスコミの落ちぶれ果てた姿である。(放送2016年12月18日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中