2020年 6月 1日 (月)

2歳9カ月で養子になった男子高校生 親からの告白、友人への激白...どんな道を歩んできたのか

印刷
(C)NHK
(C)NHK

   「あなたは私たちから産まれた子じゃない。養子なの」――。

   「特別養子縁組」は、生みの親が育てることが難しく、養父母に養育される方が子どもの利益になる場合、縁を切り血のつながらない親と暮らす制度だ。児童虐待は年間10万件を超え、政府は特別養子縁組を推進する姿勢を打ち出した。

   では、当事者たる養子はどんな道を歩むのか? 本当の親でないことを告げられる「真実告知」。どうせ本当の親じゃないからと反抗する「思春期」。友人や恋人への「カミングアウト」。

   2歳で養子となったある男子高校生が苦悩の日々と今の幸せを語る。

*ねほりんぱほりん 「養子」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中