2018年 9月 19日 (水)

山手線の外周部が危ない!大火つながる木造密集地域は東京23区の4分の1

印刷

   新潟県糸魚川市の火事は約4万平方メートル、144棟を焼き、過去20年で最悪の火災となった。狭い範囲に木造住宅が密集していたことが被害を大きくした。この「木密地域」は全国にあり、東京23区でも4分の1を占める。「もし同様の火災が起きたら、私たちはどう身を守ればいいのか」と司会の夏目三久が問いかけた。

   東京の木密地域はJR山手線の外周部に広がる。都内5133エリア中84エリアが最も危険度の高いランク5にあたると都が公表している。「狭いから消防車が入れるかどうか」「なるようにしかならない。もう年だし、動けない」と、住民にも糸魚川の火事から改めて不安が広がる。

避難場所は数カ所覚えていたらいい

   都市防災に詳しい関澤愛・東京理科大教授は「早めの避難が一番のポイントです」と強調する。どう逃げたらいいかを事前に覚えておく必要はもちろん「避難場所を1カ所でなく、2つ、3つと確認しておくこと。小中学校よりは広い広域避難場所に逃げるのがいい」と勧める。遠くまで逃げられない場合は、安全な6階以上のビルやマンションに一時避難を求めるのがいいという。

tv_20161226120125.jpg

   沢松奈生子(元テニス選手)「地震には備えているけど、火事に対する準備は恥ずかしながらまったくできていません。今回のことで、自分でどこまで消火するか、どこから逃げるか、考えさせられました」

   藤森祥平アナ「そのタイミングが重要です。自己消火は天井まで火が回ったら、地域の消火活動では2軒目に延焼したら逃げるようにと内閣府が言っています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中