元フィギュア・村主章枝「(浅田選手に)続けないことを勧めた」

印刷

   2016年12月22日から25日に開催された「全日本フィギュアスケート選手権大会」で浅田真央が自己ワーストの12位に終わった。これを受け、フィギュア・元五輪代表の村主章枝がツイッターでコメントした。

   村主は「全日本選手権が終わり、浅田選手が世界選手権への出場権を逃した。現役を続けるか続けないかについて」と前書きしたうえで、15年に浅田選手が現役復帰する際、自身の辛い経験を踏まえ現役引退を勧めたという。

しかし、「彼女は『でも続けたい』と話したので、私は『そしたら、わかった。そのために協力できることは何でもするから、必要なときは言ってね』と話し別れた」という。

「続けるか続けないか決めるのは、本人であって、それを周囲がとやかく言ってはいけないと思う。ただ、ひたすら、応援する。それが私たちがするべきことだと思う。アスリートは、誰しも有終の美で終わりたいと思っているがそれができた人は、本当にわずかだ」 と持論をつづった。

   なおスポーツ紙などによると、浅田は大会終了後に来季の現役続行を宣言した、と報じられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中