服は買わず、飲みにも行かず「おこもり」続ける二宮和也

印刷

ニノさんSP 日本ZOUGEN研究所前夜祭(2016年12月30日深夜1時54分~・日本テレビ系)

   世の中のありとあらゆるものの「増えた」「減った」を調査する番組を紹介した特番。MCを務めるのは、嵐・二宮和也。ゲストのバカリズムの2016年、「増えた」のが、周りの既婚者。「減った」のは、服を買うことと説明する。友人や後輩がたてつづけに結婚したため、誘いづらくなり、次第に食事にも行かなくなり、仕事と家の往復になってしまった。その結果、「服なんか何でもいいじゃないですか」という心境に到達、服を買わなくなってしまった。「ニノさんもそうでしょ」と同意を求められた二宮は、「服は買わないね」と同調する。バカリズムも今では「お金は使わないですね」ときっぱり断言するほど無欲な日々を過ごしているという。

断捨離して家の中スッキリした二宮

   一方、自身を振り返った二宮は、「何が増えて、何が減った?」と頭を抱えて考え込んだ後に、「時間ができて、家のものが減ったかな?」と断捨離に励んだ日々を告白。「お忙しそうに思いますけどね」と進行役の高橋真麻が疑問を投げかけると、「そうなんですよ。お忙しそうに見えるでしょ」と言いながらも、「でも意外と時間があって、すんごい捨てて、洋服とかも」と続ける。嵐メンバーからのおみやげや誕生日プレゼントでもらった洋服や靴などをすり切れるまで着たおしてきた二宮。さぞや殺風景な住まいになったに違いない。それを聞いたゲストのヒロミは「まだそうやって動くだけいいよ」と発言。二宮がジャニーズJrだった10代の頃、共演したヒロミが 「『おまえ、きょう何してたの?』と番組で普通に聞いたら」、二宮は「ぼーっとしてたら、夕方になりました」と答えたという。「(二宮は)あの、あんまり何かな、ガンガン行くタイプじゃなかったから」とフォロー。当時の二宮は「俺はその頃座ったら家に帰れると思ってたからね。ほとんどしゃべんないで」と仕事にさっぱり身が入らなかったことを回想。当時のやる気のなさを覚えているヒロミは、「まさか嵐になるとは思わなかったね、本当に。びっくりしたわ」とニヤニヤ。

ヒロミをしつこく飲みに誘う松本潤

   「飲みにもそんなに出ない?」と聞かれた二宮は「あー、出ないです」と即答。ヒロミは「(松本)潤とか、けっこう飲んだりとかしてんじゃん」と矛先を変える。ヒロミによると、「あいつ(松本)から電話かかってきたりとか、飲み屋で会ったりとかすると、すっげえめんどくせえんだよ。リズムがずれてるから」とぼやき始める。「(夜)12時くらいとか、俺が寝る、完全に寝る時間に『行きましょう!』とか『どこがいいですか?』」など飲みへ誘う電話がかかってくるという。「いや、もう寝てますから」と断っても、全くひるまない。相手の都合などお構いなし、ひたすらまくしたてる。大先輩のヒロミに「タクシー代出しますから」と食い下がるという。たまらず、「お前ナメてんのか」とブチ切れたこともあるそうだ。二宮のおこもり癖も、松本のいつでも熱い男っぷりも変わっていないようだ。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中