2018年 9月 23日 (日)

氣志團「殺されるべきかもしれない」 村上春樹「新作」発表を受けて

印刷

   音楽バンド「氣志團」の綾小路翔(40)は1月11日(2017年)、自身のツイッターを更新し、「殺されるべきかもしれない」と戦々恐々としている。

   綾小路は前述の文言を、作家・村上春樹(67)の新作長編小説のタイトルが『騎士団長殺し』だと発表された、という記事の引用とともに投稿。

   当然、「ネタ」であろうが、これにファンも便乗。「翔やん死なないでね」「翔やん逃げて〜 氣志團万博今年も行きたいから生きてくれなきゃ困ります」と「心配」の声が挙がった。

  • 綾小路翔さんのツイッターのスクリーンショット
    綾小路翔さんのツイッターのスクリーンショット
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中