アイドル「生ハムと焼うどん」活動休止 「本当に地獄だった」と振り返る

印刷

   女性アイドルユニット「生ハムと焼うどん」は1月14日(2017年)、東京・新木場STUDIO COASTで開催された「清竜人25ハーレムフェスタSPECIAL」で「そうだ!2017年は、断食しよう!」と独自の表現で「活動休止」を宣言した。

   「生ハムと焼うどん」は、西井万理那(19)と東理紗(18)によって結成されたセルフプロデュースアイドル。事務所には所属せず、衣装、作詞作曲、脚本、構成などはすべて彼女たちで手がける。

   休止の理由について東は翌15日、自身のブログ

「『生ハムと焼うどんは2人の関係に亀裂が入ったら終わる』そう言っていた事が、残念なことに現実になってしまった気がします」
「なぜか信頼していた大人が中立的な立場から対立関係に変わっていた」

とメンバー間や、周囲の大人との間で確執があったことを明かし、「無意識のうちに精神的に限界が来ていました」「本当に地獄だった」と辛い心境を吐露している。

  • 「生ハムと焼うどん」公式HPのスクリーンショット
    「生ハムと焼うどん」公式HPのスクリーンショット
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中