こんな理由で再試験? 監督者がせきして問題聞き取れずと静岡で

印刷

   14日(2017年1月)行われた大学入試センター試験の英語リスニング中に、受験生の一人から「監督者のせきで問題の音声を聞き取れなかった」と申し出があり、再試験することになった。

   静岡大学が実施した、県立静岡高校(静岡市葵区)の第4試験室で、この申し出があり、監督者に確認したところ認めたため、希望者には21日に再試験を行うことになったという。

   この部屋には40人がいたが、何人再試験を受けるかは分かっていない。

リスニングは不具合多いが、これは?

   このニュースを聞いて受験生を持つというコメンテーターの菅野朋子弁護士は「わかる、これはわかる。リスニングは毎年不具合がある」と理解を示した。さらに日頃は「正義派」のテレビ朝日ディレクター、玉川徹が「大事ですよ。僕もあと10点低かったら、京大落ちてたから」と意外なフォローをした。

tv_20170117175543.jpg

   司会の羽鳥慎一が「1、2点のボーダーに何千人もいますからね」と締めくくると、菅野が「でも生徒の方がやっていたら(再試験を)やるのは難しかったかも」とまぜかえした。

   韓国では遅刻しそうな受験生を警察が白バイで運ぶなど、国中が受験に対して異常に神経質だ。今回せきをしたのが受験生だったら、果たして再試験はあり得ただろうか。今年も受験シーズンの幕があいたところだ。

文 ちばっち|似顔絵 池田マコト

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中