30代女子の生態描く「東京タラレバ娘」

印刷

   東村アキコ原作で累計260万部を売り上げた人気コミック「東京タラレバ娘」がテレビドラマ化され、18日(2017年1月)から日本テレビ系で放送される。

   人生崖っぷちのアラサー女子3人組、ネイルサロン店長の香(榮倉奈々)、駆け出しの脚本家・倫子(吉高由里子)、居酒屋の娘・小雪(大島優子)は、今日も飲んだくれて女子会を開いている。「あのとき、こうしていれば、今頃、こうだった」という「タラレバ」話ばかり。それを聞いていた男性が立ち上がる。

   さまざまな困難に立ち向かう姿勢が共感を呼びそうだ。毎週水曜日よる10時から。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中