中国からネット予約できなくなったアパホテル 客室の「南京大虐殺は虚構」本、波紋広がる

印刷

   「私が社長です」という元谷芙美子さん(69)の笑顔のマークで知られるホテル・チェーン「アパホテル」が揺れている。ホテルの客室に置かれた書物に、「南京大虐殺は嘘」と書かれているのを中国人客が見つけてネットに発信。中国外務省までが反応する騒ぎになったからだ。

   発端は中国のSNS「ウエイボー」に載せた中国人女性の書き込み。「アパホテルに滞在中、書物に目を通し衝撃的なものを見た」として、「南京大虐殺は完全に嘘、作り話だ」という内容を伝えた。

   南京事件は昭和12年、日中戦争の南京攻略に際し、旧日本軍が一般市民を含む多数の中国人を殺害したとされる事件。中国では歴史上の大事件として、教科書にも載り、毎年慰霊祭も行われている。

   ただ、中国側が犠牲者を30万人としているのに対し、日本政府はその数字を不確実としている。また、「虐殺はなかった」と全否定する勢力もある。中国外務省は早速、「一部の勢力が歴史を否定し歪曲しようとしていることを、改めて示した」とコメントした。

CEO元谷外志雄氏が書き、約3万の全客室に

   部屋に置いてあった書物は、「理論 近現代史学Ⅱ 本当の日本の歴史」という英語、日本語のテキストで、著者は元谷社長の夫で、アパホテルのCEO元谷外志雄氏(73)。「藤誠志」のペンネームで書かれ、国内155のチェーンの全客室3万2763に置かれているという。

   「ウエイボー」の投稿者は、「中国と韓国は、自らの行為から目を背け、嘘の出来事を繰り返し日本のせいにしている」という記述を紹介した上で、「知っていたら、別のホテルに泊まった」とコメント。動画は昨日(18日)夜の時点で、9800万回再生された。

   中国のメディアは、「日本の右翼ホテルがボイコットされる」とも伝えた。確認してみると、旅行予約サイトに「アパホテル」と検索すると軒並み「(検索条件に合う)ホテルはありません」と表示され、予約ができない。旅行社も「書物の一件です」という。

「主張は撤回しない」とアパホテル

   アパホテル側は「正しいと信じる歴史を広めるため」として、「圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならない」と突っぱねた上に、「南京事件は中国側のでっち上げだ」という。

広がらないように

   間もなく春節で中国人観光客も増えるが、ボイコットは広がるのか。東京で中国人に聞いてみると、「ボイコットする」と「政治と旅行は別」というのが半々だった。

   坂口孝則「商売人は、プロ野球と政治と歴史観の話はしないのが原則だと思うが、民間企業のトップがいうのは自由だし、あまり騒ぎすぎるのもどうか」

   宇野常寛「この歴史観には呆れるしかないが、中国に対しては、こうした歴史修正主義で対抗するんじゃなくて、地道な外交努力、文化交流が唯一の道」

   加藤浩次「私も、広がらないようにと思います」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中