2018年 9月 22日 (土)

宇宙人を信じ始めた天文学者たち 地球に似た星に小型探査機送る計画も

印刷
「あなたは宇宙人を信じますか?」「半信半疑ですよね」(番組ナレーション)

   しかしいま、世界の天文学者たちが「イエス!」と言いはじめているそうだ。

「宇宙のどこかで、彼らはいまも地球人を見つめているかもしれません」(理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士)

   番組ゲストの渡部潤一・国立天文台副台長は「地球外生命は、もう10年、20年で見つかると我々は信じています。(知的生命が見つかる可能性も)あると思いますね」と話す。そうしたなか、地球外生命の探査も急速に進んでいるという。

「観測技術が進んで、いろんなものが見えてきた。生命が住める地球のような場所が、たくさん見つかっている。そういうことで、やはり(地球外生命を)探すべきだとなっています」(渡部)

   中国、アメリカ、オーストラリアなどは巨大な電波望遠鏡を使って、宇宙人の活動に由来する電波を探しているという。

「1977年に、アメリカの天文台で非常に強い信号を受けたことがあった。あまりにも強く、アメリカ人が『Wow!』と書き込んだというので、『Wow!信号』と言っている。これは二度と受けられなかったが、そういう事例はいままでもある。これからナゾがとける可能性もある」(渡部)

地球環境そっくりの惑星も

   地球外生命探査で「いま、もっとも注目されている惑星」(小郷知子キャスター)は、地球からもっとも近い恒星「ケンタウルス座アルファ星」の惑星で、昨年、地球にそっくりな環境であると判明したという「プロキシマb」だそうだ。

「プロキシマbは、地球と同じように海を持っていると思われている。もしかしたら、そこに大陸があり、植物が緑色に茂っているかもしれない」「(知的生命がいる可能性は)それほど高くはないと思うが、本当にナニがいるかわからないですからね」(渡部)

   プロキシマbは地球からの距離が4光年と近いため、小型探査機を送り込む計画がいま、急ピッチで進んでいるそうだ。早ければ20年後に打ち上げられ、44年後には地球外生命の画像が見られるかもしれないという。

*NHKクローズアップ現代(2017年1月17日放送 「宇宙から謎の信号?地球外生命を追う」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中