今田耕司経営「恵比寿のバー大赤字閉店」失敗の山!知名度頼みのタレント商法
<あるある議事堂>(テレビ朝日)

印刷

   あるディープな世界の人だけが知る深~い『あるある』トークを展開する番組で、今田耕司を議長、ゲストを議員とした議会スタイルで行われる。この日は「芸能人パワーに頼って店を開いたが、経営の才能なく閉店させてしまった芸能人のあるある!」だった。
   議員として登場したのは、俳優・石田純一、元巨人選手・元木大介、夫婦漫才コンビのかつみ・さゆり。そして副議長として、現在、4店舗の店を順調に経営しているはるな愛も参加していた。
   元木はわずか4年でラーメン店3店舗を潰したと「しくじり先生」で告白し、『副業で失敗しないための授業』を行っていたが、今回もまたこのネタで登場だ。そんな元木のラーメン店は、1号店は順調だったものの、2号店、3号店と増やし、さらに広すぎる場所に移転したが失敗だったと話す。石田も高級タオル店を経営していたが、不倫報道で商品がまったく売れなくなったとか、家賃125万円の場所に移転して失敗したなどと反省してみせた。
   そして、かつみ&さゆりは、スナック、100円ショップ、ラーメン店などを次々と経営したがすべて失敗。それでも、借金返済のために、また別の店を出してますます借金が膨らむという話だった。この2人も「しくじり先生」で見たぞ。既視感ありありの中で、実は今田も恵比寿でバーを経営していたが、3年間大赤字で閉店したと告白したのが一番の衝撃だった。(放送2017年1月22日2時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中