山形県・蔵王連峰で、「アイスモンスター」成長 樹氷はいまが見ごろ

印刷
「今日はぽかぽか陽気になってますが、先週までの寒波の影響で今年もあの『アイスモンスター』ができましたよ」(気象予報士の天達武史)。

   山形県の蔵王連峰で、今年も「アイスモンスター」と呼ばれる樹氷が大きく成長したそうだ。「世界でもたくさんの樹氷ができるところは本当に少なくて、この蔵王ぐらいなんですよ。本当に珍しい、レアな場所なんです」(天達)

   なぜ蔵王でたくさんの樹氷ができるのか。冬将軍がシベリアから一定方向に季節風を吹かせており、蔵王にある「青森とど松」という常緑樹に、風の水分を付着させるという。これにより、木に雪がつきやすくなり、海老の尻尾のような独特の形をした樹氷が大きく育つという。

「蔵王の樹氷、いまが見ごろなんですが、今週はこのあと荒れる日、暑い日、寒い日もありそうです」(天達)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中