2018年 9月 21日 (金)

「花粉症」東京は来週から・・・今年はつらそう!飛散ごっそり去年の4・4倍

印刷

   「あのムズムズがすでに始まっているようです」と、キャスターの菊川怜が花粉症シーズン到来を伝えた。今年(2017年)のスギ花粉予測飛散数は去年の4・4倍、西日本では10倍近いところもあるという。

青梅市の杉林「すでに枝は真っ黄色。いまにも飛びそう」

   きのう30日(2017年1月)は関東に暖かい南風が吹き込み、街では「目がかゆくて洟もたまるので、あ、花粉かなと思った」「今はもう薬を飲んでいます」と言う声が聞かれた。花粉症には「400度の法則」がある。1月から毎日の最高気温を足していき、合計400度を超すと花粉が飛び始めるという。都心ではそれがきのうで324度に達した。

tv_20170131131118.jpg

   青梅市の杉林を望む橋の上に阿部悦子リポーターがいた。「杉林の陽が当たる葉がもう黄色を濃くしています。いまにも飛びそうです」と報告する。地元の人はこの辺りを散歩する時は必ずマスクをする。

今週末に暖かさ戻り「400度の法則」突破

   司会の小倉智昭「私は花粉症で、早くも目薬をさしています。マスクはうっとうしいからしませんけど」

   気象予報士の天達武史によると、東京はきょう31日から寒さが戻るが、金曜からまた暖かくなるという。「福岡では今週中にも法則の400度に達し、東京は日曜日にはあと14度まできて、来週初めには飛び始める可能性があります」

   九州、四国、関東の早いところでは2月10日にはまとまって飛び始めると予想される。

文 高橋|似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中