2018年 8月 20日 (月)

宇多田ヒカル「代償がデカ過ぎる」 豊胸手術に疑問

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(34)は2月1日(2017年)、乳がん検査での疑問をツイッターに投げかけた。

   マンモグラフィー検査を受けたという宇多田は、病院側から「豊胸手術等はしていませんよね?」と確認されたという。病院側からは、豊胸出術を受けていると検査ができないと説明され、「おっぱい大きくなっても乳がん検診出来なくなるとか代償がデカ過ぎる」と持論を展開。「そういう事情も了承の上で豊胸する人はするんだろうか」とつづった。

   ツイッターでは、

「昨年11月に区の乳がん検診に行ったんだけど、受付から、触診、エコー、マンモグラフィーと調べたんだけど、胸が天然ものに見えないのか、合計20回くらい豊胸してないか、詰め物はないかと聞かれた」
「来週受ける人間ドックの注意事項読んでるんだけど豊胸手術した人はマンモも超音波も検査してもらえないんだって。知らなかった...」

と、同じような経験をした、というユーザーからの声が少なくない。

  • 宇多田さんのツイートのスクリーンショット
    宇多田さんのツイートのスクリーンショット
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中