伊豆・下田はアロエだらけ!生垣・庭先に植え、化粧水や寿司も作った

印刷

   早春を思わせる伊豆・下田にタレントのホラン千秋が「JAPA-NAVI」コーナーで出掛けた。下田は江戸時代からの港町、リゾートとして観光人気が高いが、アロエの街でもあっった。とにかく街中がアロエだらけで、キダチアロエが植木のようにそびえ、生垣がアロエだったり、庭先にこんもり生えていたりするのだ。アフリカ原産のアロエには温暖な下田の気候が合うらしい。

   人びとの生活にアロエはさまざまな形で使われている。民宿のおかみさんたちはアロエで自家製化粧水を作る。アロエ(約250グラム)を皮ごと短冊切りにして、細かく刻んだレモンの皮(3個分)とビンに入れ、成分が溶けやすいようにグリセリン(100ミリリットル)を加えて麦焼酎720ミリリットルを注ぐ。週に1回かき混ぜながら3週間で完成だ。

   手に塗ってみたホラン「いい香り。肌がしっとりしてきました。これはいい」

医者いらずの健康・美容効果

   アロエは「医者いらず」といわれるほど健康・美容効果があり、便秘を防ぎ、美肌、保湿、抗菌、抗カビなどいいことずくめだ。下田のおかみさんたちはいっそ食べてしまおうと、アロエ寿司も作った。

   アロエの皮を切り取って、半透明部分を薄くそぎ切りにしたものが寿司ダネだ。握った寿司飯に練り梅をわさびのように塗り、そこにそぎ切りにしたアロエを乗せてかつおぶしを散らしてある。「アロエのみずみずしさがトロッときますね。梅肉の酸味とぴったりです」(ホラン千秋)

   アロエは赤い花も食べる。茶碗蒸しの上に乗せたりするのだが、いろどりがきれいなだけでなく、かなり甘い。地元NHK静岡局の佐竹祐人アナは「天ぷらもおいしかったです」

(カズキ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中