2022年 5月 27日 (金)

中国、大気汚染で年間「100万人」の死者 PM2.5、「4割」削減公約も厳しい現実

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"
(C)NHK
(C)NHK

   年間100万人の死亡者を出していると言われる中国の大気汚染。中国の習近平・国家主席は2017年までに大気汚染対策だけで28兆円超の費用を投じると発表、2022年の北京オリンピックまでに微小粒子状物質「PM2.5」を約45%削減すると国際公約で掲げた。

   しかし、地方政府や企業に目を向けると、国の大目標とは裏腹に、環境対策にかじを切りきれない厳しい現実があった。環境大国への大転換は果たして可能なのか。

   急速な経済成長の代償として大気汚染という「負の遺産」を抱え込んだ中国。2年8か月に及ぶ現地取材を通して、環境大国へ向けて苦闘する中国の知られざる実態を伝える。

NHKスペシャル巨龍中国 大気汚染 超大国の苦闘~PM2・5 沈黙を破る人々~

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中