小倉智昭「私への嫌がらせか」高所恐怖症で脚ガクガク!高さ762メートルの綱渡り

印刷

   司会の小倉智昭が「私への嫌がらせを感じる」と取り上げて話題は、高さ762メートルの崖に張られたロープを素足で渡る男の視点カメラで撮られた映像だ。小倉は極度の高所恐怖症で、「見ていられないほど怖い映像です」

   綱渡りはアメリカ・カリフォルニア州のヨセミテ国立公園で撮影され映像で、「怖いですね。すごいですね。順調に歩みを進めています」と小倉が伝えたその時、大きく画面が揺れ悲鳴に変わる。

スポーツ綱渡り発祥「カリフォルニア・ヨセミテ公園」

tv_20170203131634.jpg

   プレゼンターの田中良幸は「実はこの場所はスラックライン(スポーツ綱渡り)発祥の地で、ほかにも動画がたくさんアップされています。もともとヨセミテ国立公園はロッククライミングの名所で、クライマーがバランストレーニングとして綱渡りをしています」と解説する。

   さらに危険な綱渡りに挑戦する人たちの映像も紹介された。菊川玲キャスターは「シルクドソレイユみたいですね」と平気な顔をしているが、小倉は「シルクドソレイユは命綱をつけません」と最後まで脚ガクガクだった。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中