サッカー・長友、大谷選手に「日本の宝やからね」

印刷

   右足首の故障で、ワールドベースボールクラシック(WBC)のメンバーを外れることになった、プロ野球・日本ハムファイターズの大谷翔平選手に、熱いエールが送られた。

   セリエA・インテルでプレーするサッカー日本代表の長友佑都選手は2月3日(2017年)、自身のツイッターで、

「大谷選手にはしっかり治してもらいたいな。日本の宝やからね」

とツイートした。

   長友選手はかつて、大谷選手の足首痛の原因とされる「三角骨」を痛めた経験があるようで、

「俺も2008年に痛めた箇所。歩くのもかなり痛かったな」

と振り返り、

「無理してしまったのもあって、今でも痛みがでる時ある」

と綴っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中