エレカシ生歌に大ファン加藤浩次コーフン!「ガガの時より緊張」

印刷

   デビュー30年を迎えるエレファントカシマシが生歌を披露した。ヒット曲「俺たちの明日」を歌うと、エレカシの大ファンだという司会の加藤浩次は「朝からグッときちゃいました。言葉出ないス。泣いちゃうかも」

   これまでの歩みが紹介される。スピッツの草野マサムネやミスターチルドレンの桜井和寿らがエレカシの音楽を語る場面もあった。加藤はここでもヒートアップ。「レディ・ガガが来てくれた時より緊張してます」

ボーカル宮本浩次「声が出ない!」びっくりハプニング

   2曲目は「悲しみの果て」と「今宵の月のように」の視聴者の投票が多かったほうを歌うということになって、圧倒的に「今宵の月のように」が支持され、歌い出したボーカルの宮本浩次に驚きのハプニングが襲う。喉が絡んで、声がガラガラになってしまったのだ。「すいません、もう1回歌い直してもいいですか」で演奏ストップ。ここで加藤が飛び出してきて、「貴重なものが見れて嬉しいです」とフォローする。

tv_20170210131223.jpg

   演奏が再開され無事に歌いきった。「貴重なシーンも見れて、グッときちゃいました」という加藤に、宮本は「緊張しちゃいました」と照れている。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中