日本列島ドカ雪あす朝までにさらに1メートル!智頭町「除雪車」増強

印刷

   西日本で降り続いている雪は、あす11日(2017年2月)朝までに中国地方でさらに最大100センチ、近畿で80センチと予想されている。齋藤寿幸リポーターは「強風とともに大雪がけさも降り続いています。あっという間に積りました」と伝える。司会の羽鳥慎一が「今シーズン最強の寒波ということですね。雪が1日でダッと増えています」と取り上げた。

九州、紀伊半島にも雪雲

   鳥取・智頭町は除雪車を6台増やし、県職員も出動して対策に追われるが、雪を捨てる場所がなくなる心配も出始めた。気象予報士のふたむらちづこが示したフリップでは、鳥取、島根の県境や新潟県を雪雲がびっしりと覆っている。「雪の量はさらに増えます。雪雲は一部が九州や紀伊半島にも流れ込みます」

tv_20170210113424.jpg

   ふたむらによると、上空5000メートル付近でマイナス42度という寒気が今夜から西日本に流れ込む。大雪の目安といわれる寒気はマイナス36度だから、これは強力だ。車の立ち往生や大規模な停電の可能性がある。「今回は影響が長引くのが特徴で、少なくとも朝までは広い範囲で警戒が必要です」と注意を呼び掛けた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中