春名風花「売名で殺害予告告白なんてするわけない。非難情けない」

印刷

   女優の春名風花は2月9日(2017年)、自身のブログに「殺害予告」が複数回書き込まれたことを明かしたアイドルグループ「仮面女子」の神谷えりなに浮上した「売名」疑惑に、ツイッターで言及した。

   春名は、神谷が騒動後もツイッターを更新しており、「殺害予告されたならSNS自粛とか(略)で自己防衛してるって主張しないと、売名って言われちゃうよ」と苦言を呈したツイッターユーザーに触れ、「こんな事で名前が売れて嬉しい女の子はいません」という。

 

   さらに「被害を受けたからと言って被害者らしく引きこもって大人しくしていなければならない理由もどこにもありません」と語気を強め、「被害者の日常は、今まで通り保証されるべきものです。誰にも奪われる権利はないと思います」とキッパリ。

 

   春名自身も2012年に殺害予告を受けており、「はるかぜちゃんの自作自演ではないのか」「売名行為ではないのか」といった中傷を受けて傷ついたとツイッターに書き込んでいた。

  • 14年撮影
    14年撮影
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中