2018年 10月 22日 (月)

<1年前のワイドショー>老人ホームスタッフ「入居3人投げ落し殺人」!事故で処理していた施設のズサン経営

印刷

   2014年暮れに神奈川・川崎市の老人ホームで入居の3人が相次いで転落死していた事件で、去年(2016年)2月15日に神奈川県警はホームのスタッフ・今井隼人容疑者(当時23歳)を殺人の疑いで逮捕した。<川崎・老人3人投げ落とし!ホーム元職員「殺人」で逮捕・・・他の入居者も虐待>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<老人ホーム入居者投げ落とし「元職員・今井隼人」逮捕!3人殺害供述>(TBS系「あさチャン!」)、<「老人ホーム転落殺人」今井隼人の見栄っ張り性格!中学の頃から奢り癖>(日本テレビ系「スッキリ!!」)と、ワイドショーも驚愕して伝えた。

   今井の異常さもさることながら、ホームを経営している「Sアミーユ」が、転落死が連続していたにもかかわらず、調査もせず事故として処理していたズサンさにも批判が強まった。施設側が最初の転落死のきちんと対処していれば、その後の殺人は防げたという見方が強い。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中