2019年 11月 20日 (水)

金正男氏、暗殺手口は「液体含んだ布」 女性2人はタクシーで逃亡

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「昨夜は驚きましたね~」と司会の小倉智昭が開口一番伝えたのが、北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏暗殺の衝撃ニュースだった。

   一報を伝えたのは14日(2017年2月)午後8時過ぎの韓国からのニュース。「北朝鮮の金正恩労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されていたことが確認されました」と報じた。

   マレーシア国営メディアによると、13日午前9時ごろ、マレーシアのクアラルンプール国際空港内で、男性が苦しみながら空港スタッフに対し「背後から近づいてきた女に液体を含んだ布を被らせられ目をやけどした」と話した。

   男性は空港近くの病院に搬送される途中で死亡が確認された。マレーシア警察は、北朝鮮のパスポートや生年月日から金正男氏と断定した。

   犯人とみられる女は2人おり、犯行直後タクシーで逃走したという。韓国メディアは殺害したのは金正恩委員長が送り込んだ女スパイで、一部メディアは毒針を使って殺害したとも報じている。

後継者候補の一人だった金正男氏

   金正男氏は、故・金正日総書記と故・成恵琳の間に生まれた長男。故・高英姫との間に生まれた3男の金正恩委員長とは異母兄弟。父親の重病説が流れる中で後継者候補の一人と噂されたこともあったが、金正日総書記が3男の金正恩委員長を後継者に指名したことから歯車が狂った。

(吹き出し)小倉:クーデターは起こり得ない
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中