チーム11人の大掛かりな陰謀? マレーシア警察、北朝鮮の男4人を国際手配

印刷

   北朝鮮の金正男氏がマレーシアのクアラルンプール空港で殺害された事件で、マレーシア警察は昨日(2017年2月19日)、事件後初めて会見して、殺害に関わったとみられる北朝鮮籍の男4人を特定し、国際手配したと発表した。わかっているだけで計11人もが関わった大掛かりな陰謀だったという。

   発表によると、男4人は顔、名前、年齢が割れており、13日の事件直後に同空港から出国して、シンガポールのテレビ局によると、すでに平壌に戻ったとみられるという。また、これとは別に警察は、「ジェームス」と呼ばれる男ら3人を追っていると、顔写真を公開した。

防犯カメラ映像で分かった襲撃の瞬間

tv_20170220121041.jpg

   犯行の手口も、公表された防犯カメラ映像で明らかになった。搭乗券登録機のあるフロアで、女の1人が正男氏の前に立ちふさがり、もう1人の女が後ろから飛びかかって、左手で顔を覆うようにした。手袋に浸した液体を顔に塗りつけたとみられる。

   女2人はこの後別方向へ姿を消したが、正男氏は、空港係員のところへ言って、しきりに顔を指して、何かを塗りつけられたと訴えているらしい様子がカメラに映っていた。その後、係員に伴われて診療所に向かい、診療所に入ったところでソファの倒れこんだらしい。上着を脱いで、ソファに倒れている正男氏の静止画があった。

   この後、担架に乗せられ病院に運ばれたが、その途中に死亡したという。襲われてから、かなりの時間が経っていたとみられる。この間、空港の職員、警備員、乗客らは普通にしており、ほとんどの人が騒ぎに気づかなかったようだ。

コーディネーターか北朝鮮籍の男1人を逮捕

   マレーシア警察は、防犯カメラの映像などから、2日後の15日、ベトナム旅券所持のドアン・ティ・フォン(28)とインドネシア籍のシティ・アイシャ(25)とマレーシア人男性を逮捕。さらに17日、クアラルンプール郊外に住む北朝鮮籍のリ・ジョンチョル(46)を逮捕した。

   女2人は、「テレビ局のびっくり番組に出たつもり。殺害は知らなかった」といっているといい、現場近くのカフェで逃走した4人の男たちが見張っていたという証言もある。ベトナムの女はトイレに手袋を捨て、タクシーでホテルに帰ったことがわかっている。

   リ容疑者は、1年ほど前から郊外のマンションに妻と子供2人と住んでいたという。ただ、彼はインドの大学で医化学を学んで、マレーシアの薬品会社で働いていたとされ、薬品・毒物に精通していた可能性がある。しかし、調べに対しては「やっていない。空港へも行っていない」と否定しているという。

   住んでいたマンションは、警備員がいるゲート、プールや子供の遊戯施設、ジムまである。またエレベーターもカードがないと動かない、監視カメラも100台以上という高級なもので、北朝鮮の人間がなぜ? と首を傾げたくなるところだ。現地にいる中道秀宣記者によると、現地メディアは、リ容疑者は、暗殺チームに情報・便宜を図るコーディネーターだったとしているという。

「亡命政権構想」引き金の可能性

   夏目三久「事件に新たな可能性が出てきました。『亡命政権構想』が事件の引き金になったのではないかという見方が浮上しました」

   この亡命政権樹立は、欧米諸国を拠点に活動する脱北者団体が計画しているもので、「あさチャン」は、ロンドンを拠点に活動する「FREE NK」のキム・ジュイル氏に接触した。

   キム氏は一昨年暮れ、正男氏に「リーダーになってくれないか」と申しれたが、正男氏は「その気はない。北の3代世襲は終わった方がいい。私がリーダーになったら、3代世襲になってしまう」といったという。しかしグループはその後も、正男氏と接触を保っていたという。暗殺は運動には痛手だったというが、狙いもそこにあったのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中