米・カリフォルニア州で記録的な大雨 ダム決壊の恐れで19万人に避難命令

印刷

   アメリカ・カリフォルニア州で、記録的な大雨が続いているそうだ。「最近、1週間ほどで、例年の数カ月分の雨量が観測されている」と「スッキリ!!」が伝えた。

   先週には大雨などの影響で、ダムの水位が限界まで上昇し、決壊の恐れがあるとして付近の住民、およそ19万人に一時避難命令が出された。

クルマ2台が穴に転落

   現地時間の先週金曜日(2017年2月18日)には、商業施設などが集まる地区で道路が陥没し、クルマ2台が開いた穴に転落したという。

   ロサンゼルス市の消防によれば、この道路陥没も大雨が原因だそうだ。雨によって、地下に大量の水が流れ込み、川のようになって道路アスファルトの下の土壌を浸食。土が削り取られてしまい、陥没したそうだ。

   地元メディアによると、この事故でドライバー1人がケガをし、病院で手当を受けたが、命に別条はないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中