加藤紗里、清水富美加騒動で「パンツ降ろされてたみたいな気分」に

印刷

   タレントの加藤紗里(26)は2月17日(2017年)、女優の清水富美加(22)が同日刊行の自叙伝『全部、言っちゃうね。』を宣伝したツイートに触れ、清水への印象をツイッターで語った。

   加藤は、一連の「幸福の科学」出家騒動のさ中にいる清水の印象を「大変だったのかな、可哀想だなと思った」という。しかし、その印象は徐々に変化したとし、「手口が鮮やか過ぎて例えるなら、飲み会の席で悲しそうにしてる男友達に優しくしてて、気づいたらパンツ降ろされてたみたいな気分なった(笑)」と噛みついた。

   最後には「炎上商法、ダメ絶対(笑)」とメッセージも送った。

  • 加藤さんのツイートのスクリーンショット
    加藤さんのツイートのスクリーンショット
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中