遺体引き取りで北朝鮮とマレーシア対立! 金正男氏の長男、現地入りの情報で緊迫

印刷

   北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、現地クアラルンプールで昨日(2017年2月20日)、遺体の引き取りをめぐる激しい駆け引きが繰り広げられた。また、正男氏の長男、キム・ハンソルさんもクアラルンプール入りという情報が流れ、正男氏一家を保護している中国も動き出しているらしい。

   もっとも派手に動いたのは、在クアラルンプールの北朝鮮大使だった。大使館前に報道陣を集め、「マレーシアの捜査は信用できない」「遺体は金正男ではない」「遺体を引き渡せ」「この事件で一番得をするのは韓国だ」などと、文書を読み上げた。

   これに対してマレーシアは、北の大使を外務省に呼んで、事件を起こしたのが北のグループであると抗議し、同時に平壌駐在大使を召還して、北への抗議の姿勢を示した。遺体の引き渡しに関してもマレーシア当局は、近親者の意向を優先するとしている。

暗殺恐れる長男

   この日、一部報道が「ハンソル氏がマカオからクアラルンプールへ向かった」と伝えたために、空港や検死が行われた病院には大勢の報道陣が詰めかけだが、結局確認はされなかった。

   ハンソルさんは昨年、英のオックスフォード大に合格して、9月から進学の予定だったが、暗殺の危険があるとしてマカオに戻っていたという。正男氏の一家は中国の庇護下にあるとされ、遺体引き取りに関しても、家族は中国の意向を受けて動くとみられる。

主権侵害で外交問題に発展

   空港内での犯行のもようは防犯カメラで解明されており、関わった人数も11人と特定されている。うち4人を逮捕、4人が事件後北へ帰国、残り3人を捜査中としている。

tv_20170221120458.jpg

   脱北した元工作員によると、暗殺の中心になったのは、偵察総局のチーム。多数が同時に動けるのはここしかないという。総局の一部門である対外情報調査部(別名35号室)は、過去に大韓航空機爆破や日本人拉致などを引き起こしている。

   司会の夏目三久「今回は外交問題にまでなっています」

   龍崎孝(ジャーナリスト)は、「ミサイルの発射や核実験は、自衛のためでもあるから、他国が口を挟めない部分がある。しかし、今回は政治的暗殺ですから、主権の侵害になる。意味合いが全く違う」という。

中国、北朝鮮からの石炭輸入ストップ

   中国はこの事件の発生を受けていち早く、北朝鮮からの石炭の輸入を年内中止と発表した。これは、ミサイル発射などで国連安保理が課した北朝鮮への経済制裁にあった内容だが、中国はこれを守らなかった。しかし、石炭の輸出は北にとって、主要な外貨獲得手段の一つであり、これに中国が踏み切った政治的意味は大きい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中